GBT

GBTとは?

Guided Biofilm Therapy(GBT)

Guided Biofilm Therapy(GBT)は、エアフロー、ペリオフロー、ピエゾン 技術を用いた、プロフェッショナルによる歯面清掃のバイオフィルム除去ソリューションです。科学的エビデンスに基づいてEMSが提唱しています。

GBTは、より良い臨床結果を追求するために患者様個人の診査とリスクアセスメントに基づいた複数のプロトコールから成り立っています。

侵襲性を抑え、より快適・安全かつ短時間で治療できるように設計されています。

※本ページの解説および画像は株式会社松風様ホームページを参考に作成させていただいております。

GBTの目的

健康な歯質の保全

エアフローは象牙質、セメント質、エナメル質、歯肉など、さまざまな歯科組織に対する侵襲性を抑えます。GBT は子供や成人の齲蝕や歯周病を予防します。

矯正装置の維持

矯正装置は、日々の歯磨きなどでは届きづらい部位があり、バイオフィルムの増殖を招きがちになり、ワイヤーの摩擦、歯肉炎、齲蝕を引き起こし ます。プラスパウダーを用いたエアフローは、問題の起こりやすい部位を清掃しやすく、安全かつ効果的に歯やブラ ケットのバイオフィルムを除去することができます。

齲蝕の予防

バイオフィ ルムを染出しすることで、除去しやすくします。
エアフローは象牙質、セメント質、エナメル質、歯肉など、さまざまな歯科組織に対する侵襲性を抑えます。GBT は子供や成人の齲蝕や歯周病を予防しやすくなります。

審美補綴装置の保全

審美的な修復にとって大きなマイナス要素となる歯肉退縮を避けるには、定期的にバイオフィルムを除去する必要があります。
GBT は修復物の周辺のバイオフィルムを優しく効果的に除去し、ステインと着色を防ぎます。

GBTのステップ

01 診査

プロービングと口腔内状況の確認

  • 齲蝕、歯肉炎、歯周炎の有無など、歯と歯肉の状態を診査する。
  • 粘膜炎、インプラント周囲炎の有無など、インプラントの状態を診査する。
  • リステリンなどを用いて洗口する。

02 染出し

バイオフィルムの可視化

  • 患者に染色したバイオフィルムを見せる。
  • その染色がバイオフィルム除去の指針になる。
  • バイオフィルムを除去することで、容易に歯石が検知できる。

03 情報提供

患者の意識を高め、指導を行う

  • 予防の重要性を強調する。
  • 患者に口腔衛生指導をする。
  • 歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどの必要に応じた清掃器具の使用を勧める。

04 歯肉縁上・縁下のエアフロー

エアフローはバイオフィルム、ステイン、早期歯石の除去および歯面研磨を行うことができます。

  • 天然歯、修復物、インプラントにエアフローを使用する。
  • 歯肉縁上と縁下4mm までの歯肉溝に対して平均粒径14μm のプラスパウダーでバイオフィルムを除去する。
  • エナメル質に残った強固なステインは、レモン味パウダーで除去する。
  • 辺縁歯肉からバイオフィルムを除去する。

05 歯肉縁下のペリオフロー

歯肉縁下4mmから9mmまでの歯周ポケット内にあるバイオフィルムを除去します。

  • 天然歯の深いポケット、根分岐部、インプラントにプラスパウダーを使用する。
  • ポケットの深さがわかる目盛り付きのペリオフローノズルを使用する。

06 スマートピエゾンとチップPS

残った歯石の除去を行います。

  • 歯肉縁上および歯肉縁下10mm までは、低侵襲なチップPS を使用する。
  • 10mm を超えるポケットには、ミニキュレットを用いる。
  • インプラントや修復物周囲は、チップPI を用いる。

07 指差し確認

患者に笑顔を

  • バイオフィルムが残っていないかどうか最終チェックをする。
  • 歯石を完全に除去できたかどうかチェックする。
  • 正確に齲蝕を診断する。
  • 歯面にフッ素を塗剤して保護する。

08 新たなリコール予約

健康 = 幸福

  • リスク分析に従い、リコール時期を計画する。
  • 患者に治療を評価してもらう。