インプラント

目白駅前歯科医院 > インプラント

インプラントとは

インプラント

    インプラントは歯を失ってしまった場合の治療方法です。

    インプラント治療は、歯のなくなった部分の顎(あご)の骨に人工の歯の根を埋入し、その人工の根に被せ物を入れていくという治療法です。

    人工の歯の根の材料は生体親和性の高いチタンが主流であり、強度も非常に高いことが特徴です。

メリットとデメリット

インプラント治療は、他の健康な歯に負担をかけずに治療を行えます。
違和感が少ないため、自分の歯に近い感覚でものを噛むことが可能です。
しかし、インプラント治療にはリスクやデメリットもあるため、確実な診査・診断を行うことが重要です。

インプラントのメリット

  • 本物の歯に近い感覚で噛むことができる
  • 周りの歯に負担をかけずに済む
  • 見た目が非常に良い

インプラントのデメリット

  • 外科手術が必要
  • 長期の治療期間を要する
  • 治療費が高額になる

入れ歯との比較

入れ歯

部分入れ歯では、残存している歯に金属のバネを掛けます。
健康な歯に負担がかかるうえに、審美的に見劣りし、装着時に違和感を覚える場合もあります。

その点、インプラントは他の歯に負担をかけることなく、見た目にも改善され、咀嚼する力も向上します。

入れ歯のメリット

  • インプラント治療と比較して、治療期間が短い
  • 取り外し式なので、清掃しやすい
  • 歯を削る量が少ない
  • 保険診療と自費診療が選択できる

入れ歯のデメリット

  • 取外し式のわずらわしさ
  • 金属のバネによる見た目の問題
  • バネをかける歯に負担がかかる
  • 違和感を覚えることがある
  • 発声に違和感を覚えることがある

ブリッジとの比較

ブリッジ

ブリッジとは、川に橋を架けるかのように、歯を失ったところに人口の歯を被せますが、その土台作りのために左右の健康な歯を削る必要があります。

その点、インプラントは、歯を失ったところに直接人口の歯を埋め込むので、健康な歯を削ることがありません。

ブリッジのメリット

  • インプラント治療と比較して、治療期間が短い
  • 固定式である
  • 保険診療と自費診療を材料によって選べる

ブリッジのデメリット

  • 隣在歯を削る必要がある
  • 隣在歯へ負担がかかる
  • ダミーの歯の底面に汚れがたまりやすい

骨の量に問題がある場合の対応

骨の量が足りないという患者様でも、自家骨または骨補填剤(こつほてんざい)などを用いて以下のような骨を増やす処置(骨移植)を行うことで、インプラント手術が可能になる場合もございます。

各手術には適応がございますので、細かい診断のもと、患者様に合った手術方法を選択いたします。

GBR法

術前のイラストのように骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまい、インプラントが安定しません。

そこで、歯槽骨が不足している部位に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を入れ、その上にメンブレンという人工膜で覆うことにより、歯肉などの柔らかい組織の混入を防ぎ、骨の再生を促進させます。

GBR法

上顎洞底挙上術

歯が抜けてから長い年月が経っている場合や歯周病などにより骨が少なくなると、インプラントを埋めるために十分な高さがなくなってしまいます。

その場合、上顎洞を上に持ち上げ、自家骨または骨補填剤をいれることで骨を作りながら、インプラントを埋め込むために十分なスペースを確保します。

上顎洞の横からアプローチするサイナスリフトと、上顎洞の真下からアプローチするソケットリフトがあります。

サイナスリフト

スプリットクレスト法

インプラントの直径に対して骨の幅が狭いとインプラントを埋入することはできませんので、歯槽骨の骨の幅を拡大する必要あります。

①歯槽骨頂部を歯科用器具で2つに分割し、②骨を広げていきます。③こうしてできた孔にインプラントを埋入します。インプラントと骨との間には骨補填材を満たし骨再生を促します。

スプリットクレスト法

治療の流れ

診査・診断・治療計画の立案

診査・診断・治療計画の立案

口腔内の状態と全身状態を診査いたします。CT撮影を行い骨量などを含め、骨の状態を精査いたします。
患者様の資料を集め、欠損した部分にインプラント治療を行うことが最適か、又は、他の治療法の方が最適かを丁寧にカウンセリングいたします。

インプラント治療の前処置

インプラント治療の前処置

安全で確実なインプラント治療を行うために、虫歯や歯周病を治療するなどの必要な処置を行って参ります。
また、インプラントを適切に骨に埋め込めるように、自家骨、又は、骨補填剤(こつほてんざい)などを用いて骨を増やす処置、骨造成(こつぞうせい)を行うケースもあります。

インプラント一次手術

インプラント一次手術

欠損部(歯を失った部位)にインプラントを埋め込む手術を行います。

治癒期間

インプラントが骨の中でしっかりと結合されるまでの治癒期間

一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと結合(オッセオインテグレーション)されるまでの治癒期間を設けます。治癒期間は約3~6ヶ月程度で、インプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差があります。

インプラント二次手術

インプラント二次手術

顎の骨に一体化したインプラントの頭出しを行います。
※二次手術は行わない場合もございます。一次手術を行ったタイミングで、二次手術が必要がどうか判断いたします。

インプラントの上部構造の製作・装着

インプラントの上部構造の製作・装着

歯ぐきが健全な状態に治った後に型取りを行い、上部構造を製作します。必要があれば、一時的に使用する仮歯を製作し、最終上部構造の形態を検討して参ります。
最終上部構造の材料の選択など詳しくご説明いたします。

インプラント治療後のメンテナンス

インプラント治療後のメンテナンス

インプラントは、治療後のメンテナンスがとても重要です。
せっかく埋入したインプラントを口腔内に長く残していくためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。
個人差はありますが、約1ヶ月~3ヶ月を目安にご来院ください。

保証について

保証期間について

  • インプラント本体が、手術日より通常の日常生活の中で折れてしまった場合や抜けてしまった場合、5年間の無料保証
  • 上部構造が装着日より通常の日常生活の中で破損した場合、5年間の無料保証(期間内に1装置、1回限り)

*但し「インプラント本体」の手術後半年以降の再手術費用¥50000+税は患者様負担となります。

保証の条件

  • 当院にて装着のインプラント体および上部構造に限らせていただきます
  • 患者様の正常な使用状態で破損が発生した場合のみ有効です
  • 3~6カ月ごとの定期検診に必ずお見えいただいていること