根管治療

目白駅前歯科医院 > 根管治療

根管治療とは?

根管治療とは、虫歯が悪化し、歯の神経が入っている管に細菌感染が起こった際、この感染組織を除去するために神経を取り除く処置のことです。
根管の先端に膿が溜まっている場合は、根管内を無菌化する治療が必要となります。
これらの処置後、根管を薬剤で封鎖する根管充填と呼ばれる処置を行います。
これら根管内の治療を根管治療といいます。

根管治療の流れ

根管治療の初期症状

Flow1

歯や破折によって歯髄に細菌が侵入し、歯髄腔全体に感染が広がって、根の先に膿が溜まっている状態です。

根管治療の為に咬合面(や補綴物)を削ります。

Flow2

治療の為に咬合面や補綴物を削ります。

歯髄の除去

Flow3

リーマーで細菌に感染した骨髄(神経や血管)を除去します。

根管内の洗浄と調薬

Flow4

根管内を何度か洗浄・調薬し、最後に根充剤を詰めます。

根管治療の完了

Flow5

根管に土台を入れ、人工の歯冠(クラウン)を被せます。