一般歯科

目白駅前歯科医院 > 一般歯科

虫歯治療について

虫歯

一般的に虫歯(う蝕)とは口腔内に繁殖した細菌が食べ物に含まれる糖質を餌にし、酸を発生させこの酸が歯の表面を溶かし穴が開いていくことをいいます。
この過程を「脱灰」といいます。

初期の脱灰は、歯の最表層よりも、内層に数十ミクロン入ったところのほうが強く起こり、歯の内部に浸透した光が複雑に屈折反射するために白濁した白斑(はくはん)を呈しています。
この白斑のレベルであれば、ていねいな歯磨きを続けることで唾液の生理的作用によって再石灰化が期待できます。

再石灰化とは、唾液に含まれるカルシウムやリンが初期の脱灰を修復することができる、この現象の事をいいます。
通常、歯は食事をする度に脱灰と再石灰化が日常的に行われています。ですが過度の脱灰には再石灰化も追いつかず、一度進行してしまうと自力で治すことは不可能です。日ごろからのハミガキや健康的な食生活を送るのが一番の虫歯予防です。

それでも虫歯が進行してしまったら是非ご相談下さい。早期発見・早期治療に勝るものはありません。

虫歯の段階に合わせた治療法

虫歯の過程を分かりやすく説明する表記を専門用語で虫歯を指す「カリエス」の頭文字”C”を用いてC0~C4と段階が付けられています。
段階によって治療内容も変わってきますので参考になさってください。

C0

根管治療の初期症状

一般的に「初期虫歯」といわれる段階です。
まだ穴になっていないため、毎日のハミガキや
再石灰化などで十分修復が可能な程度です。
ただ、進行しやすい状態であるため
3ケ月に一度の定期健診をお勧めしております。

 

C1

根管治療の為に咬合面(や補綴物)を削ります。

穴が歯の表面のエナメル質部分のみにできた状態です。当院ではレントゲン検査等で確認後、治療の必要がなければ経過観察とさせて頂いており、3ケ月に一度の定期健診をお勧めしております。

 

C2

歯髄の除去

エナメル質から象牙質に達し状態です。
痛みはあまりありませんが冷たいものがしみ始めます。
樹脂(レジン)やインレー(金属またはセラミック) などの詰め物、金属またはセラミックによるクラウン(被せ物)の治療が必要です。

 

C3

根管内の洗浄と調薬

虫歯部分が歯髄にまで侵食し激しい痛みを伴います。
痛みは一時的なもののため痛みがなくても進行しているケースが多いです。
この場合は、神経の治療が必要になります。
神経の治療後は基本的にクラウン(被せもの)の治療が必要です。

 

C4

根管内の洗浄と調薬

歯の神経が死んでしまい歯のみならず身体への影響もでてきます。状態によりますが抜歯などの処置が必要なケースも多いです。

予防歯科について

歯磨き指導

予防歯科は虫歯や歯周病から歯を守る治療

予防歯科とは「虫歯や歯周病になったら治療する」という考え方とは異なり、虫歯や歯周病にならないように「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。

虫歯の治療は「患部を削る」ことから始まりますので、どんなに治療をしても「元どおりの歯を取り戻す」ことは不可能です。歯周病に関しても、悪化してしまうと完璧に治すことは難しいので、最近では「予防歯科で歯を守る」という考え方が広まってきています。

予防歯科では、歯のクリーニングやPMTCと呼ばれる専門的なクリーニング、歯ぐきのマッサージ、ブラッシング指導などを組み合わせて、患者様一人ひとりのお口の状態に合わせた治療を行っていきます。治療メニューや回数、期間などはお口の状態によって異なりますので、まずはお気軽にご来院ください。

予防歯科はこんな方にオススメです

  • 口臭が気になる方
  • 歯の汚れを落としたい方
  • 歯ぐきが後退してきた方

削ったり抜いたりしたくない方は、予防歯科を受診ください

初めから予防歯科で来院する患者様よりも、虫歯や歯周病の治療を受けたあと「二度と虫歯や歯周病になりたくない」という思いで予防歯科に通われる方が多いようです。

歯の健康を一緒に守りましょう

自宅で行う毎日の歯磨きも大切ですが、通常の歯磨きだけでは落とすことのできない汚れもあります。歯石は、専門のスタッフによるクリーニングで定期的に除去する必要があり、そうすることによって、より確実に歯の健康を守ることができるようになります。

虫歯菌や歯周病菌などの細菌は、一度除去しても再び付着してしまう可能性があり、細菌は約90日で増殖します。そのため3か月ごとを目安にメインテナンスを受けていただくのが理想的です。また、定期的な検診を受けていれば、もしも虫歯などになってしまっても、早期発見・早期治療が可能となります。

ご自宅でのお手入れと歯科医院でのケアを計画的に行うことで、最大の効果が発揮できます。一生ご自身の歯で過ごせるよう、力を合わせて歯の健康を守っていきましょう。予防歯科に興味を持っていただけた方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning) のススメ

普段から正しい歯のブラッシングをすることに加えて、歯科衛生士さんによる歯のクリーニングを行うことで、さらに歯を健康に保ち続けることができます。

主な手順は以下の通りです。

  1. 染出し
  2. エアフロー
  3. スケーリング
  4. フロス
  5. ポリッシング
  6. フッ素塗布